« 福島事故の壊滅的影響 | トップページ | 自衛隊監視訴訟「一般人も対象」 »

2013年5月12日 (日)

市民討論会・高知

市民討論会とシンポジウム

・・・ちょっと待て!このままでよいか 日本の未来・・・

安倍政権の政策を問う
(憲法改悪  原発再稼働  TPP参加  在日米軍  アベノミクス)

日時  5月25日(土)午後1時30分~4時30分

場所  県民文化ホール4F(第6多目的室)

参加費 無料

主催  「たちあがる市民グループ@高知」

パネリスト

・ 根小田渡(元高知大学教員)  
  安部政権が目指す「強い日本」とは?

・ 鍋島康夫(元テレビ局報道制作局長)
 メディアの側から見たジャーナリズム

・ 久松和彦(県職労組織部長)
  労働者にとってアベノミクスとは

・ 島村多美(パート職員)       
  市民生活とTPPについて

司会 岡田健一郎

安倍政権のもとで、次々と推し進められようとしている政策がたくさんあります。マスコミは、政府発表を伝えるだけで、問題点を問うことも、国民の意見や疑問もほとんど報道しません。政府は、民意をないがしろにし、今、私たちの国民主権は危機に直面しているのではないでしょうか。市民には、一人ひとりの意見も思いもあります。立ち上がって声に出しましょう。
7月の選挙は大変重要なものとなり、日本の未来を左右することになりそうです。選挙を頭に置きながら、みんなでいろいろ論議しあいたいと思います。皆様、ぜひご参加ください。

  連絡先  090-4336-8843(松尾)

|

« 福島事故の壊滅的影響 | トップページ | 自衛隊監視訴訟「一般人も対象」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/51604148

この記事へのトラックバック一覧です: 市民討論会・高知:

» 講演会「今、憲法「改正」を考える」 [ブログ「浦戸湾」]
 前回と同じ内容です.  講演会の案内です. 主催者は「平和資料館・草の家」だそうです. http://blog.livedoor.jp/kusanoie/archives/50701250.html 元の記事をここに張り付けておきます. ===== ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月15日 (水) 07時34分

« 福島事故の壊滅的影響 | トップページ | 自衛隊監視訴訟「一般人も対象」 »