« 日本など参加しても | トップページ | 上関原発、補償金拒否 »

2013年3月23日 (土)

辺野古埋め立てを申請

【号外】防衛局、辺野古埋め立てを申請 普天間移設

2013年3月22日

 沖縄防衛局は22日午後3時50分、米軍普天間飛行場の名護市辺野古沖への移設に向けた公有水面埋め立て承認願書を沖縄県北部土木事務所に提出した。願書には地元、名護漁業協同組合の同意書も添付した。県は申請書類に不備がなければ受理する意向。仲井真弘多知事は現地調査や周辺自治体の意見聴取などを経て、7カ月~1年以内をめどに埋め立ての可否を判断するとみられる。

 普天間飛行場の移設について仲井真知事は「県内は不可能」として県外移設を求めており、県内41市町村長も県内移設に反対している。県内世論は辺野古移設への反対を強める中、安部政権は移設を強行する姿勢を鮮明にしたことで、県内の反発が一層強まることは必至だ。県が埋め立てを承認する見通しは立っていない。

 北部土木事務所によると、防衛局職員6人が五つの箱を同事務所3階の庶務のカウンターに置いて1、2分で立ち去った。それに先立つ3時45分に同局から県土木部海岸防災課に申請をする旨の連絡があったという。
 安倍首相は2月にオバマ米大統領と会談した際、今月中に辺野古沖の埋め立て申請をする意向を示していた。
 米側に安倍政権が普天間飛行場の移設を着実に進めているとの姿勢を示す必要があると判断した。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-204318-storytopic-53.html
「琉球新報」
*******

安倍はアメリカのご機嫌とりばかりで、沖縄の民意も日本国民の声もオバマに伝えることはしないのだ。恥ずかしげもなく、これで、日本の主権を回復した日を祝うなどとぶち上げるのだから、頭の中はどうなっているんだろうと思う。アメリカのイエスマンになることが、日本政府の代表だと思っているみたいだ。日本国憲法ができたときはアメリカの占領下だが、今は独立国だと言うが、実質的には、今の方がよほど植民地化しており、これをさらに進めるというのである。

防衛局職員が1,2分で立ち去ったとあるが、内心は、恥ずかしく思っているのか、沖縄など相手にすることはないと思っているのか、疚しいことだと思っているのか、いずれにしてもなんと失礼な態度だろう。侮辱ではないか。組織の中での自分の役割を果たすことしか頭にない。

基地撤去の沖縄の民意はもう覆ることはないだろう。国家権力の暴力と対峙することになるかもしれない。

|

« 日本など参加しても | トップページ | 上関原発、補償金拒否 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/50893291

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古埋め立てを申請:

« 日本など参加しても | トップページ | 上関原発、補償金拒否 »