« ステレオタイプから卒業 | トップページ | ニジェール・ウラン鉱山 »

2013年1月31日 (木)

3月2日(土)「3・11後の福島に生きる――鈴木絹江・匡さん講演会」

ちょっと先の話ですが、3月2日(土)の午後に、高知市で原発事故や放射能について、福島からいらっしゃる鈴木さん夫妻のお話を聞く会を開きます。
主催団体(特に「高知ゆずりは」)の財政がピンチで、会場代を払うのもままならない状況です。お近くの方はぜひぜひお越し下さいませ!

Scan2

・・3.11後の福島に生きる・・

「鈴木絹江・匡さん講演会」

絹江さん『障害を持つ人々の避難、傾向と対策』
匤さん 『放射能市民測定所から見える原発事故』

日時  3月2日(土)午後1時30分
場所  「龍馬の生まれたまち記念館」
     高知市上町2丁目(ホテル南水の南側)
参加費 500円
共催  グリーン市民ネットワーク高知・高知ゆずりは
http://blog.green-citizens.net/
http://yuzuriha.noor.jp/

連絡先 090-4336-8843(松尾)

日本国民のすべてが被曝しつづけている今日です。
鈴木さん夫妻は、福島県田村市在住。今なお高い線量に晒されながらも、福島に留まって日常生活を送る人々の苦悩、迷い、さまざまな思いを 語っていただきます。
ここ高知であっても、私たちは福島と共に生きる市民だと思います。
ぜひ、おいでてください。

|

« ステレオタイプから卒業 | トップページ | ニジェール・ウラン鉱山 »