« 核非合法化署名を拒否 | トップページ | JA全中・万歳会長:脱原発へ »

2012年10月19日 (金)

米国:対イラン輸出急増

米国:対イラン輸出急増…食料備蓄強化が後押し

毎日新聞 2012年10月18日 11時02分

 【テヘラン鵜塚健】米欧諸国による対イラン経済制裁が強まる中で、米国がイランへの輸出を伸ばしている。今年は8月までの輸出額が1億9950万ドル(約160億円)で、昨年同期比で32%増加した。制裁の主導役である米国が各国にイラン貿易の抑制を呼びかける一方で、自国の輸出を伸ばして利益を得ている格好だ。

 ロイター通信によると、伸びが大きいのは小麦など穀物類で8920万ドル(昨年同期比324%増)。ほかにも乳製品2030万ドル(同160%増)、医療関連品800万ドル(同70%増)などが急増している。

 イランの核開発問題を受けて米国は、国連安保理決議に基づく制裁を主導してきたほか、国内法を通じて制裁を順次強化してきた。各国に対しては、イランとの取引を減らすよう促す。

 しかし、食料や医薬品などの取引は制裁の対象外とされており、輸出を伸ばしている。また、一連の制裁の影響で、イラン国内では物価高が深刻化。イラン政府は輸入を強化し食料備蓄に力を入れており、米国の輸出増を後押ししている。

 イランでは現地通貨リヤルが暴落し、鶏肉や野菜、果物など食料品の物価が上昇、市場が一時パニック状態になった。

 こうした事態を受け、イラン政府は7月末、鶏肉や小麦、砂糖などの基本食料の輸入を進め、3カ月分を備蓄するように大統領令を発令。食料備蓄を含め、輸入増強のため240億ドル(約1兆9000億円)を予算化している。

 イランの半国営ファルス通信は15日、「制裁下にもかかわらず、イランの魅力的な市場が米国の生産者に輸出を促している」と伝えた。
http://mainichi.jp/select/news/20121018k0000e030172000c.html
*******

知らなかった。経済制裁には項目があり、対象外の品物は自由に貿易ができるのだ。
よその国には、石油など国家のエネルギーなど産業の根幹に関わるものの制裁を押し付け、食物では輸出自由で大儲けしているのだ。

うがってみれば、経済制裁も回りまわって、アメリカの利益のため?

アメリカのいうことなら、なんでもハイハイ、その通りにします、という日本政府。節電をよびかけるほどに電気が足りないと言っている中で、火力発電の石油輸入も減らします、というわけだ。日本の国民を犠牲にしてでも、アメリカを守るのである。

アメリカの嘘のプロパガンダに、嬉々として踊っている日本政府には付ける薬もない。

|

« 核非合法化署名を拒否 | トップページ | JA全中・万歳会長:脱原発へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/47504603

この記事へのトラックバック一覧です: 米国:対イラン輸出急増:

« 核非合法化署名を拒否 | トップページ | JA全中・万歳会長:脱原発へ »