« 中曽根康弘海軍主計中尉 | トップページ | 霞が関の焼け太り »

2011年11月 1日 (火)

玄海原発4号機を再稼働

玄海原発4号機を再稼働 佐賀、知事と町長が容認

2011年11月月1日 21時31分


 九州電力は1日、人為的ミスによるトラブルで停止した玄海原発(佐賀県玄海町)4号機について、同日午後11時に原子炉を再稼働し、2日午後に発電を再開すると発表。東京電力福島第一原発の事故後、トラブルで停止した原発の再稼働は初。周辺住民への十分な説明がないまま再稼働を強行する姿勢に、反発が広がりそうだ。

 佐賀県の古川康知事は1日午後、県庁で記者団に「国が十分に審査し判断したことなら受け入れる」とし、再稼働を容認。玄海町の岸本英雄町長も容認姿勢を示した。

 九電によると、玄海4号機は4日ごろ通常運転に復帰する予定。ただし、12月中旬には定期検査で再び停止する。

(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011110101000847.html
「東京新聞」
********

玄海原発4号機は10月4日、復水器の異常で自動停止。九電は10月21日、手順書を取り違えて作業したことが原因。順書の見直しを含めた再発防止策を経済産業省原子力安全・保安院に提出していたもの。

今夜、11時には再稼動するという。九電は、なにがなんでも原発を動かしていくつもりだ。人為的ミスも恐ろしいが、そもそも、原発の存在そのものが恐怖なのだ。
国に原発の安全性を管理、指導していく能力など全くないことが、福島の事故で国民の前に晒されたのだ。もはや、保安院のお墨付きなど、なんの価値もないのだ。国と電力会社の同じ穴のムジナで、なにを言おうと説得力などあるはずがないではないか。

|

« 中曽根康弘海軍主計中尉 | トップページ | 霞が関の焼け太り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/42799616

この記事へのトラックバック一覧です: 玄海原発4号機を再稼働:

« 中曽根康弘海軍主計中尉 | トップページ | 霞が関の焼け太り »