« 米、3日前に内諾 | トップページ | 1号機の放射線急増 »

2011年4月 9日 (土)

「水棺」冷却を検討

福島第一原発 「水棺」冷却を検討

2011年4月8日 朝刊


 福島第一原子力発電所の事故で、政府と東京電力の事故対策統合本部が、核燃料棒が入った圧力容器とその外側の格納容器の内部を水で満たすことで、原子炉を継続的に冷却する「水棺(すいかん)」を検討していることが七日、分かった。水棺は原発事故の処理方法として研究されているが、実際に行われれば世界で初めてとなる。

 政府と東電の関係者によると、福島第一原発では大量の高濃度汚染水が建屋内などにたまり、復旧作業が難航している。対策本部は水を循環させて海水との熱交換で水を冷やす「残留熱除去系」の復旧を目指しているが難航している。仮に復旧しても、海水を大量に注入したことで冷却機能が落ちている恐れもあり、水棺による冷却案が浮上した。

 水棺では、圧力容器と格納容器をともに燃料棒の高さ付近まで水で満たし、高い熱を持つ燃料棒を冷やす。燃料棒が破損して放射性物質が漏れるのを抑える狙いもある。熱で蒸発する水は外部から注入。燃料棒が冷めて取り出せるようになるまで、少なくとも数年は続けるとみられる。

 同本部は、現在1~3号機で進めている格納容器への窒素の注入が終わった後で、1号機から作業に入ることを検討している。

 格納容器は厚いコンクリートで囲われており、水を満たしても一般に強度の問題はないが、地震などで損傷していないことが条件。2号機は格納容器の圧力抑制室に損傷の疑いがあり、汚染水が外部に漏れ続ける恐れがあるため事前チェックが必要となる。水棺は、米国でも冷却水を喪失した重大事故時に取り得る手段として研究されている。福島第一原発の事故に関しても、米原子力規制委員会(NRC)が水棺に言及。「水の重さと格納容器の耐震性に留意すべきだ」と助言している。

 一九八六年に原発史上最悪の事故を起こした旧ソ連のチェルノブイリ原発は格納容器がなく、放射性物質を閉じこめるため全体をコンクリートで覆う「石棺」が行われた。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011040802000039.html
「東京新聞」
*******

物理的な知識をもちあわせていないので、ただ、直感的に思うことだが、非常に危険なものを感じる。
巨大な格納容器まで水を入れるというが、果たしてその水量に耐え得るのか。コンクリートは日々劣化する。数年あるいはそれ以上の間にどのようになるのか、何かあったときにその補修が確実にできるのか。これからも地震はあるだろう。最後の砦でである格納容器が破損したとき、出てくる大量の汚染水の放射能の濃度は、今とは比較にならないだろう。安直に又、海に垂れ流しかねないのだ。水棺は、コストもかからず、東京電力にとっては願ってもないことかもしれない。しかし、どんなに金がかかっても、こんどは、100%安全といえる冷却施設を新たに作るべきではないか。

|

« 米、3日前に内諾 | トップページ | 1号機の放射線急増 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/39540659

この記事へのトラックバック一覧です: 「水棺」冷却を検討:

« 米、3日前に内諾 | トップページ | 1号機の放射線急増 »