« 軍事ロボット製造企業 | トップページ | 上関原発建設中止を »

2010年10月15日 (金)

布川事件の2人高知へ

「うそ発見器で犯人」と警察 布川事件“自白”の経緯証言

2010年10月15日 20時00分

 1967年の強盗殺人事件で18年間服役した男性2人が無実を訴える茨城県の布川事件で、再審の第4回公判が15日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)であった。無罪が確実視されている桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(64)桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(64)桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(64)が、強引に自白を迫られた経緯などを証言した。

 弁護側の質問に、桜井さんは「警察の取り調べで『気の毒だが、もうだめだ。うそ発見器で犯人と出た』と指摘され、心が折れた。否認すると死刑になるとも強調され、怖かった」と、うその自白をした心情を説明。

 杉山さんも「取調官に『桜井がおまえとやったと話している』と言われ、早く捜査を終わらせて裁判で闘おうと思った」と述べた。

 自白を録音したとされるテープについて検察側が「すらすら自白しているように聞こえるが」と尋ねると、桜井さんは「調書を何度も読み聞かせられ、覚えたストーリーを話した」と答えた。

 11月12日の次回公判で検察側が論告求刑し、12月10日に弁護側が最終弁論。判決は来年3月となる見通し。検察側が有罪立証の柱としたDNA鑑定請求が第2回公判で却下されたことから、無罪が言い渡される可能性が高まっている。

(共同)「東京新聞」より転載
***************

布川事件の桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(64)が、高知へ来ます。

10月17日(日)午後6時30分
場所 高知商工会館

「冤罪を語る高知集会」

主催 高知白バイ事件「片岡晴彦さんを支援する会」

無料

|

« 軍事ロボット製造企業 | トップページ | 上関原発建設中止を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/37251061

この記事へのトラックバック一覧です: 布川事件の2人高知へ:

« 軍事ロボット製造企業 | トップページ | 上関原発建設中止を »