« 伊波洋一宜野湾市長 グアム移転の検証(終) | トップページ | 普天間、検討委打ち切りへ »

2010年3月 2日 (火)

なぜ、韓国で九条会議が

―憲法九条と東アジアの平和保障―

 なぜ、韓国で九条会議が開かれたのか?

―韓国民主化運動とキリスト教の関わりを振り返りつつー

講師  :くずめ よし さん
日時  :3月15日(月)  夕6時~7時半
ところ:草の家 高知市升形9-11 ℡088-821-0263   
参加料:500円
主催  :日朝協会・高知県支部

昨年暮れ(2009年12月)に韓国のソウルで第2回「9条アジア宗教者会議」が開催されました。
主催者は、韓国のキリスト教をはじめとする多くの宗教団体でした。
16か国から200名以上の参加者が集まり、日本国憲法第九条がアジア(特に東アジア)の平和を保障する上で決定的な役割を果たしていることが確認されました。
このような会議が、なぜ今韓国で開催されたのでしょうか?
今回の講演では、「憲法九条Tシャツ」を世界に無料配布しているくずめよしさんをお迎えして、会議の様子や、最新の韓国事情と共に、会議の背景である、韓国民主化運動とキリスト教の関わりについてもお話をうかがいます。
                                       

―――――――――― 講師プロフィール ―――――――――――

高知市長浜生まれ、ペンシルベニア大学歴史学大学院博士課程終了(東アジア近代史)
現在、西南学院大学および福岡大学非常勤講師(中国語)
日本バプテスト連盟 福岡国際キリスト教会員
2005年7月より、日本国憲法第九条を世界に知らしめる為に、「九条Tシャツ」係りとして、海外の人に
「憲法九条Tシャツ」を無料でプレゼントする活動を始める。
現在まで、世界230カ国・地域に約4,500枚のTシャツをプレゼント。
受取人の多くは、アジア・太平洋地域の子供たち。
ーーー―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パワフルでユーモア一杯のよしさんと、共に感じ、学びましょう。
        ぜひとも、お越し下さい

|

« 伊波洋一宜野湾市長 グアム移転の検証(終) | トップページ | 普天間、検討委打ち切りへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/33608477

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、韓国で九条会議が:

« 伊波洋一宜野湾市長 グアム移転の検証(終) | トップページ | 普天間、検討委打ち切りへ »