« 辺野古以外の可能性模索 | トップページ | 人権救済機関の設置 »

2009年11月16日 (月)

市民2人が呼びかける集会

「沖縄に連帯する市民集会」

普天間基地即時閉鎖!辺野古移転反対!
・・・基地はいらない!
どこにも、沖縄にも・・・

1996年、日米両政府は普天間基地返還を合意しました。当初、5~7年以内に返還されるはずであったものが、すでに13年を経過しています。この間、沖縄国際大構内へ米軍ヘリ墜落という重大事故も起こした、住宅密集地に隣接しているたいへん危険な米軍基地です。移転しようとしている、名護市辺野古の海は、貴重なジュゴンや多様な生物が生息する美しい海です。沖縄の人々は、辺野古への移転に反対し、今なお1,000日以上も毎日座り込みを続け、形ばかりのアセスメント調査にも抗議をしてきました。

岡田外相発言の嘉手納基地統合案にも、これ以上の騒音、生活苦は容認できないと、2,500人の集会がもたれ、11月8日には、辺野古への移転に反対して、2万1千人の人々が集まりました。これらの動きは、外国のメディアも注目を集めています。

沖縄にこれ以上の基地はいらない、米軍基地を受け入れる余地はもうどこにもない、普天間基地は即時閉鎖せよ!というのが、沖縄の民意です。軍用機や海兵隊と一緒に暮らすことを強いられてきた戦後64年間の沖縄の人々の日常生活を思い、また、日本とアメリカとの関係を考えるとき、沖縄のみならず、米軍基地の問題は、同じ日本の国民、市民として私たち自身の問題でもあります。

私たちはわずか2名の市民ではありますが、ここ高知においても沖縄に連帯して、普天間基地の即時閉鎖、辺野古への移転反対の声を上げていきたいと、下記のように市民集会を計画いたしました。賛同してくださる、市民、諸団体の方々にぜひともご参加いただき、たくさんのご意見、ご発言をいただきたく、ご案内申し上げます。

日 時  11月28日(土)午後1時30分
場 所  高知市役所前広場
(集会後、デモ行進)

沖縄に連帯する市民集会 呼びかけ人
平 林   稔
松 尾 美 絵
連絡先 088-875-7571 (まつお)

|

« 辺野古以外の可能性模索 | トップページ | 人権救済機関の設置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/32229292

この記事へのトラックバック一覧です: 市民2人が呼びかける集会:

« 辺野古以外の可能性模索 | トップページ | 人権救済機関の設置 »