« イスラエルの刑務所から | トップページ | 平和のための国民審査 »

2009年7月 9日 (木)

幡多高校生ゼミナール

四万十町にある津賀ダムは
大勢の朝鮮人労働者をつかって戦時中に作られ、
劣悪な労働条件のもとで多くの犠牲者がでました。
犠牲者は附近の山中に葬られたままといいます。

このたび、そのダムのほとりに
慰霊と平和と友好を祈念するモニュメントが建設され、
韓国から約40名の代表団を迎え
津賀ダム平和祈念碑建立式典が8月9日に行われます。

韓国の巫女さんによる献舞、
日韓高校生による献花、歌・詩などが準備されています。

式典は9日午前10時からですが、
8日にも準備作業があります。

主催は幡多高校生ゼミナールです。
詳しいことは
事務局の上岡橋平さん(電話0880-37-3833)まで
ご連絡ください。

|

« イスラエルの刑務所から | トップページ | 平和のための国民審査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/30480428

この記事へのトラックバック一覧です: 幡多高校生ゼミナール:

« イスラエルの刑務所から | トップページ | 平和のための国民審査 »