« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

映画「アメリカばんざい」

映画「アメリカばんざい」
2008年08月15日 / 日記
GREEでの話題を転載します(長いよ~)
………………

映画『アメリカばんざい crazy as usual』の監督・藤本幸久さんのお話を、あいち平和のための戦争展(名古屋市公会堂)でお聞きしました。

監督は、沖縄など日本にいるアメリカ軍の海兵隊のことを扱っている『マリーンズ ゴー ホーム』という映画も作られた方で、高校生、大学生のような若い兵士が、なぜ沖縄に来たのか、兵士になったのか――『アメリカばんざい』は、その背景を描いた作品だそうです。

お話の途中で、アメリカ国内で行われている「ブートキャンプ」(新兵訓練所)の映像をみせてくださいました。
 新しく兵士になる若者は、必ず夜中に「ブートキャンプ」に到着し、その後48時間は睡眠がとれません。その中で、「叫べー!叫べー!!」という教官の怒鳴り声が響き続けます。若い兵士は、叫び続けます。狂気としか言いようがない光景でした。
 「ブートキャンプ」では、個性は、徹底的に否定されます。若者たちは、新兵訓練の3ヶ月のあいだにどんどん、アメリカ兵に改造されていきました。そして沖縄に送られ、さらに訓練を受け、イラクへ。

若い人が、兵士になることを希望した動機の1番目は、大学に行きたいからが80%くらいだそうです。そして、2番目の動機は、家族も軍の医療保険に入れること。ほとんどが貧しい方の若者で“何とか今の状況を抜け出したい”と思って入隊してくるそうです。
 アメリカでは、大学を出ていないと月給制の正社員になれず、高卒では、時給制の職業しかないそうです。

私は、大学の学費を引き下げること(日本は世界一高い)、公的な医療制度の拡充(日本政府は、アメリカ型に近づける方向を出している・・・混合診療など)は、アメリカのような現実を、日本社会においても繰り返さないためにも、力をいれなければいけないと強く思いました。
そして、年間4000億円のお金をかけて軍の募集をしているそうです。TVでは、1時間に1回、「軍へ入ろう」という正義の味方が怪獣をやっつけるというようなCMが流れるそうです。
 さらには、貧困地域の公立高校では、生徒の個人情報を軍に渡すと補助金がでるというしくみで、生徒の個人情報を出さなければ予算上やっていけない現実があるそうです。その個人情報は、親の名前、生徒自身のEメールアドレス、携帯番号など。
 その個人情報をもとに、“大学にいける、職業訓練も受けられる、軍に入って道を開こう”という呼びかけがなされ、生徒たちもそれしかない、と思い軍に入るのだそうです。

監督は、この仕組みを貧困徴兵制と言っていました。

軍の医療保険に入れるということだったのに、実際に怪我で帰国すると軍の病院は1年待ちという状況もあるそうです。
 日本との戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争、ユーゴ空爆、アフガン戦争、イラク戦争と戦争ばかりにお金をつぎ込み、他のところにまわすお金がない・・・。

帰還兵などアメリカには、350万人ものいわゆるホームレスの方がいるそうです。
 イラク戦争の帰還兵の25%が、PTSDなど心の病。ベトナムよりもさらに大義がないことが関係しているそうです。
 軍隊からの逃亡兵も増えているそうです。アメリカ政府は、逃亡兵の数そのものを途中から発表することをやめてしまったそうですが、発表されていた2006年夏までで8000人が逃亡していたそうです。アメリカ国内のNGOは、逃亡兵は数万人だろうといっているそうです。

しかし、アメリカ人の大多数が、必要な戦争はあると考えている現実もある・・・。民主党のオバマ候補は、イラク戦争は間違いだったが、アフガン戦争は必要な戦争だといっていますが、ほとんどの国民がオバマ氏と同じように思っているそうです。アメリカは、お金がないなかで、イラクの次の戦争ではどうしようかと考えているそうです。
◯戦争の外注化―アメリカ軍兵士は、月に10万円、請負軍事会社なら月に100万円必要だが、怪我したとき、死亡したときに何の補償も国としてしなくていいから結局安上がり。
◯同盟国にやらせてもっと安くする―日本にも「ブーツ オン ザ グラウンド」と要求し、陸上自衛隊がイラクに派兵。次は、「ワン ショット ワン キル」。平和のために撃てといってくるだろう。・・・ここで憲法改定の話が出てくる。

●○●○  ●○●○  ●○●○  ●○●○  ●○●○

※実際に、アメリカ軍と日本の自衛隊の一体化は、進んでいます。
 たとえば、地球規模で「殴りこみ」作戦を行う実戦部隊=米陸軍第1軍団前方司令部の座間基地(神奈川県)への配備があります。2012年には陸上自衛隊中央即応集団司令部が配備される予定になっています。

また、東京の横田基地にもアメリカ軍の新司令部(第13空軍第1分遣隊)がおかれました。防衛省は、この司令部に2007年末、航空自衛隊二佐を連絡官として派遣。横田基地には、日米の「共同統合運用調整所」も設置。2010年には航空自衛隊総隊司令部も横田基地に移転し、空の司令部の一体化はさらにすすむ予定になっています。
愛知の小牧基地も緊急着陸だといってしょっちゅうアメリカ軍が使用しています。緊急の場合は、事前に知事の許可はいらないらしいです。
●○●○  ●○●○  ●○●○  ●○●○  ●○●○

アメリカ国内のマスコミは、イラク戦争をやり始めたときに報道したあとは、3年間ほとんどまともな報道はしなかったそうです。
 3年後、イラク戦争への疑問が、投げかけられ始めたのは、シンディー・シーハンさんというイラクで息子さんをなくしたお母さんの行動だったそうです。ブッシュ大統領に直接息子は何のために死んだのか聞きたい、というテキサス州のブッシュ大統領の牧場前の行動からだったそうです。

アメリカのマスコミは、かなり深刻だが、日本のマスコミも深刻だと監督はいってみえました。

監督は、ぜひ多くの人にこの映画を見てほしい、と力説していました。
アメリカでも協力者があり、上映する予定だそうです。アメリカ国内で上映する場合のタイトルは、「God help America」だそうです。
監督のお話を聞き、絶対観に行こう!と思いました。
皆さんも是非!!

「バンビの独り言」より転載

*高知市でも、ぜひこの映画を上映したいです。自主上映に取り組んでくださるところがあれば、連絡ください。

saron.kinyoubi@ymail.plala.or.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

収監 片岡晴彦さん

今日、最高裁から、最終通知がまいりました。
         文面
平成20年(す)第448号
          決定
        被告人 片岡晴彦
 上記の者に対する業務上過失致死被告事件(平成19年(あ9第2233号)について、
平成20年8月20日当裁判所がした上告棄却の決定に対し、被告人から異議の申し立てがあったが、
この申立ては理由がないので、当裁判所は、刑訴法414条、386条2項、426条1項により、
裁判官全員一致の意見で、次のとうり決定する。

          主文
     本件申立てを棄却する。
    平成20年9月26日
   最高裁判所第二小法廷

今思うに、ひと月あまり遅く通知が来たのか、理由を聞きたいです。
明日、検察庁から、収監場所、日にち等、連絡があり次第通知させていただきます。

   今日まで、本当にありがとうございました。

「雑草魂」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障害者もカヌーに 成川順

『障害者もカヌーに挑戦』(高知・仁淀川)

http://www.news.janjan.jp/area/0809/0809217783/1.php

障害があることは、なにも障害にならずに、とてもたのしそうにカヌーに挑戦しています。参加者の明るい笑顔がすてきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

「女性9条の会高知」3周年記念行事

渡辺えり講演と音楽の夕べ

日時  10.2(木)18:30~20:00

場所  高新RKCホール

入場料 一般前売り1000円(当日1500円)
    学生・高校生800円(当日1000円)

渡辺えり・・・「宇宙堂」旗揚げ 女優 作家 

明神あけみ・・マリンバ演奏

女性「9条の会」高知 088-873-9066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

ソンミ村虐殺から40年

この記事を読んだとき、「えっ、40年が経っていたのか!」と驚きました。
 
 「語り継がなければならない事実 -ソンミ村大量虐殺事件から40年-」
 http://www.news.janjan.jp/world/0809/0809217748/1.php
 インターネット新聞JANJAN 2008/09/22 村山康文
 
 「南ベトナムの自由と民主主義を守り、東南アジアの共産化を防ぐために」と
称してアメリカが介入したベトナム戦争(1959年~1075年)は、数え切
れないほど多くの悲劇を生みました。この記事にあるソンミ村虐殺事件はその一
つです。
 
 1968年3月16日、ベトナム中部クアンガイ省ソンミ村にヘリコプターで
降り立ったアメリカ陸軍兵105人は、ウィリアム・カリー中尉の指揮により、
村人504人を殺害しました。銃を乱射し、手榴弾を投げ込んで、無抵抗の村人
を殺しました。そして247戸の家屋を焼き、家畜まで皆殺しにしました。村人
の生存者は20人でした。
 
 この虐殺事件をアメリカ軍は隠しました。明らかになったのは18ヶ月経った
翌年9月でした。
 
 現在、この虐殺事件の生存者は7人、内3人が今もソンミ村に住んでいます。
 
 今年2008年はこの虐殺事件の40周年にあたります。
 
 もう40年が経ってしまいました。しかし、この記事に書いてあるように、生
存者たちの苦しみと怒りは癒されてはいません。
 
坂井貴司

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

厚木 怒りの炎行動

違法爆音の恒久化に反対する怒りの炎行動 に100人参加

 原子力空母ジョージ・ワシントン横須賀入港を9月25日に控えて、空母艦載機の爆音に苦しんでいる米軍厚木基地周辺の住民や労組は23日、怒りの炎行動を行いました。当日昼には米軍厚木基地に抗議の申し入れを行い、夕方6時から厚木基地滑走路北側の広場で怒りの炎を燃やして抗議集会を開催。約100人が参加して「米軍は日本から出て行け」「静かな空を返せ」などの声を挙げました。
 これに先立ち21、22日は大和駅前で抗議の座り込みを行いました。
 主催は厚木基地爆音防止期成同盟、第四次爆音訴訟団、基地撤去をめざす県央共闘会議、神奈川平和運動センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

自衛隊現役幕僚長の暴言 天木直人

発売中の週刊朝日10月3日で自衛隊の現役幕僚長が暴言を繰り返していた事を知った。

  今年4月、名古屋高裁が「イラクでの航空自衛隊活動は違憲であるという」という判決を下した時、「そんなの関係ねえ」という浅薄な暴言を吐いたのは田母神俊雄航空幕僚長(60)だった。

  その発言をなんら咎められることなく、その人間は航空自衛隊のトップに居座っている。

  ところがその田母神幕僚長が、なんとその3ヶ月ほど前の今年の1月30日に、埼玉県熊谷市の航空自衛隊基地で行なった講話の中で、次のような暴言を連発していたというのだ。

 日本は悪くなかった。正しい国だった、と対等にアメリカと議論するような人たちは皆(米国占領軍の手で)公職から追放された・・・軍人だったり、国の役人、政治家、大学の先生とかが、20万人以上も追放された・・・その穴埋めのために戻ってきたのは、戦前追放されている人たちが多かったわけです。いわゆる左翼と呼ばれる人たちです。脳みそが頭の左半分にしかないような人たちが皆それぞれ公職に戻ったわけです・・・(矢内原忠雄元東大総長をやり玉にあげ)この人は戦前、天皇家を潰すべきだと言って追放されていたいわゆる左翼です。これが東大総長に戻りました・・・(滝川幸辰京大元総長について)この人も天皇制廃止論者で戦前追放されていた人です。それでやはり左翼の弟子をいっぱい連れて京都大学に戻った・・・(都留重人一橋大元総長ついて)ハーバート・ノーマンというアメリカの外交官がいた。これは実はコミンテルンのスパイだった事がわかって自殺した人ですが、これと(都留は)ぐるだった人です・・・(昨今の大学構内の立て看板に神経をとがらせて)毎朝東大教養学部の中を駆け足するのです・・・そうするとどこの国の看板か、頭が狂っているんじゃないかというような看板がいっぱい立っている・・・

  日本の制服組のトップである幕僚長が、歴史の断片をつまみ食いしてこのような偏向した考えを若い自衛隊員に教え込む。

  このような考えの人間であるから、名古屋高裁判決についても、「そんなの関係ねえ」と言い放つ事ができたのだ。法の支配の否定を平気で行なうのだ。

  問題はそのような人間を自衛隊の幹部に据え置きつづけるこの国の人事政策のゆるみである。緊張感のなさである。

  これは暴言では済まされない大問題である。

  この事実はこれまでまったく報道されていなかった。

  しかしこの週刊誌の記事で皆が知るところとなった。

  いままで数々の政治家や官僚の暴言・放言がメディアで取りあげられ、政治問題化してきた。

  しかしこの制服組のトップの暴言は、暴言ではすまない。

  この国のシビリアンコントロールの形骸化という大問題である。

  護憲政治家よ、メディアよ。政局にばかり気を取られていてはいけない。

  政治的リーダーシップ不在の時に、この国はどんどんと無政府状態になりつつある。

  シビリアンコントロールの重要性を唱えるのなら、この幕僚長を国会に招致し、発言の真意を国民の前でただすべきだ。

  彼が自分の発言が正しいと言うのであれば直ちに更迭すべきだ。

  かつてのこの国の政治はそれだけの緊張感があった。

  いまや防衛省の制服組までが政治をなめきっている時代となってしまった。

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月22日 (月)

映画「光州5.18」

「光州5・18」 
キム・ジフン監督 2時間1分
出演:キム・サンギョン、イ・ジュンギ、アン・ソンギ ほか

韓国で起きた“光州の悲劇”を完全映画化。1980年5月18日韓国・光州市。戒厳軍ご民主化を要求する学生・市民と衝突した“光州事件”・・・タクシー運転手の青年ミヌの目の前で、かけがえのない愛と命が次々と犠牲になっていく。ミヌは、ただ愛するものを守りたい一心で戦いを挑んでいくのだが・・・。

9月26日(金)①13:30 ②16:00 ③18:30
9月27日(土)①10:00 ②13:00 

高知市立自由民権記念館ホール

鑑賞料:一般 1300円(当日1500円)
    シニア(60歳以上)・障害者・高校生は、当日のみ1000円
   前売券は、9月から販売、高新プレイガイド・大丸プレイガイド・TSUTAYA各店ほか

主催:とさりゅう・ピクチャーズ & 四国文映社

とさりゅう・ピクチャーズ
田辺高英
090-4970-5097

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

運転席まで捏造か 合成写真?

『高知白バイ事件・合成写真の可能性が浮上』

http://www.news.janjan.jp/living/0809/0809187548/1.php

小倉文三記者がJANJANに書いています。

事故発生後、再び運転席に座ることのなかった片岡晴彦さんです。それなのに、誰も乗っていないバスの運転席に、片岡さんだけが乗っている写真があります。
当日の避難、誘導を手伝ってくれた人の証言。「運転席にはだれもいなかった!」片岡さんの記憶を、客観的に証明してくれました。

では、この写真はいったいどこから・・・ありもしない風景をつくる・・・バスと片岡さんの写真をくっつける、技術的には簡単なこと、合成写真にすればよい。スリップ痕のみだけでなくこれもまた捏造・・・?!

すべての写真をネガと共に時系列に並べてみたらどうなるだろう・・・

弁当を500万円も食べるという高知県警、そこではなんでもありか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

吉田茂と安保条約 天木直人

読売新聞が毎週土曜日に連載している堤清二(辻井喬)の回顧録には、時として興味深い歴史の断片が語られることがある。

 そのことを私はこのブログたびたび紹介してきた。

 9月13日のそれにも、つぎのような興味あるくだりがあった。

 ・・・吉田茂は講和条約締結の一週間ほど前からひどく不機嫌になったということなど、いつも興味のつきない話が、主に吉田健一(吉田茂の長男、英文学者)から出されるのであった・・・

 これを読んだ時、私はすぐに、豊下楢彦著「安保条約の成立ー吉田外交と天皇外交」(岩波新書)を思い出した。

 いわゆるサンフランシスコ講和条約は日本にとって極めて寛大な条約だった。

 その条約を吉田茂は高く評価していたはずだ。それなのになぜ吉田茂は首席全権代表を強く拒んだのか。

 この疑問に豊下教授はその著書で見事な推論をしてみせる。それは一学者の推論であるが、膨大な資料に基づいた限りなく真実に近い推論である。

 講和条約に署名したくなかったのではない。その直後に控えていた日米安保条約に署名する事が嫌だったのだ、と。

 そして、豊下教授は、少しでも対等な条約をと、粘り強い交渉を重ねた吉田茂に対し、天皇の戦争責任をせまるロシアの影響を恐れた昭和天皇が、日米安保条約の早期締結を命じ、出席を渋る吉田茂に、はやく出席し、署名するように、と迫ったからだ、と推論する。

  だからこそ吉田茂は、日本国民や国会はもとより、全権代表団にさえ安保条約の実態を知らせることなく、責任をみずから一人に負わせる形で、サンフランシスコ郊外の米軍兵舎に一人赴いて署名したのである。

 今日に至る戦後63年の日本を規定してきた日米安全保障体制は、昭和天皇と米国の利害が見事に一致して作られたのだ。

  安保条約締結から57年がたった今、吉田茂の孫、麻生太郎が、この史実を知ってか知らずか、日本の総理を目指している。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

ペシャワールの思い出から (上中下)

1973・ペシャワールの思い出から(上)』

http://www.news.janjan.jp/world/0809/0809127011/1.php

小倉文三記者が、JANJANに書いています。

1970年代に訪れた思い出から始まって、アフガニスタンについての考察を、さまざまな視点から興味深く行っています。

伊藤さんの死、ソビエト軍やアメリカ軍との戦いについても、地理的条件と共に、小倉さんが直接に関わった現地に生きる人々の生活のなかから考えたことが述べられています。自らの体験を通した人の言葉、感性には、私たちには分からない気づきと重みがあります。

記事は上、中、下と続いています。ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転席の真相 片岡晴彦

9月12日、事故の当日現場にいち早く来て下さった方に会う事が出来ました。

話は、高知方面から、春野方面に進行中荒倉トンネル出口付近から渋滞で事故かなと思って、
北にあるレストラン駐車場に、車を止めて事故現場に駆けつけ、救急車に怪我人を乗せ、
バスの中に生徒達がいたので、南のレストランの二階に避難さすために、レストランの社長と一緒に
誘導したのです、バスに乗り込んで、生徒たちに「怪我はありませんか」と確認し
誘導してくださったのです。

そのバスに乗った時に、私は「運転席に居ましたか」と聞くと、乗っていませんでした、確認のためにもう一度「乗っていましたか」と聞いてみましたが、はっきりとした口調で
「運転席には誰も居ませんでした」

私は、事故当時の記憶にも事故後、バスから降りて、救済処置
救急車に乗せ、「よろしくお願いします」と言い見送ったのです、そして現場検証に立ち会う為に、
外で待機している時に、パトカーが来て、「3時4分逮捕する」現場から、引き離されたのです。

裁判で、検事から一枚の写真を突き付けられ、どうして、事故後降りてから、
乗ってもいないのに、運転席にいる写真を見せられてから、胸の内にわだかまりと言いますか、
靄がかかったような、異様な気分でいましたのが、その言葉を聞いて、スーと霧が晴れたような
胸のつかえが取れた気分でした。

友人から、事故現場に居合わせた方がいると聞かされ、私の事故後の行動を聞きたくお会いした次第です

事故後、私の記憶も、定かではなく、運転席にいる写真を見せられても、はっきりと「乗っていません」
と答えることも出来ない、もどかしさがありましたが、はっきりと証明していただきました事に感謝し
捨てる神がいれば、拾う神がいる事に改めて感しました。

貴重な休日を、私の為に時間を割いていただき、本当にありがとうございました。
今後の、ご活躍、ご健康、をご祈念申し上げます。

話は変わりますが、昨日長男夫婦から謎の写真の事で電話があり、
昨年の、(週刊スパ)12月号の記事の中に掲載されている写真には、運転席に私は映っていない?
今年の、(Mrバイク) 1月号の記事の中に掲載されている写真には、運転席に私が映っている。

皆様の中に、写真に詳しい方、色んな方向から分析していただければ、幸いです。

裁判の流れの中で、決定的な証拠写真が、事故後私がバスの運転席にいる事でした。

この写真を、解明すれば全て、判決が逆転するのではないでしょうか。

どうか今一度、ご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

「雑草魂」より転載

*****

事故の写真の中に、1枚、バスの運転席に座っている片岡さんが写っているものがある。生徒は乗っていない。

これは、いったい何時撮ったものだろうかとずっと不思議に思っていた。事故直後は、いろいろな対応で、あんなにゆったりと運転席に座る余裕などないはずだと思ったのである。

1時間以上も経過して、土佐署から現場検証のために連れてこられた時には、すでにバスはなく、パトカーの中からの検証であったのだ。

この写真を撮った者は誰?時間はいつ?

これもまた、合成された捏造写真なのであろうか・・・高知県警の闇は、あまりにも深すぎる!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

高知県警不起訴処分 高知白バイ事件

http://www.news.janjan.jp/living/0809/0809147192/1.php

小倉文三記者が書いています。片岡晴彦さんが、スリップ痕は捏造であると、公正な証拠調べと事実調査を求めた訴えに対し、高知検察庁は、不起訴の判断をしました。

検察庁の頭の中味と市民に対する感覚は、この程度のものであると、公に恥をさらしたことにならないでしょうか?ぜひ、JANJANの記事をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グァム移転の真実 終わり

グァム移転の真実 11

米兵
現実の戦争で将来、自衛隊の皆さんと共に戦えることを
楽しみにしています。

これはないと思うが、アメリカが望んでいるのは事実です
から、何らかの形で協力はしていくでしょうね。

米軍再編は、いろいろな側面があるのですが、その一つは

沖縄の騒音問題ではなくて、再編成が先で、騒音問題を
利用してうまくお金を出させた。との見方が強い。

移転に協力金を出すのはいいが、

アメリカ自体の軍隊移動に 41,8億ドル
日 本 の 負 担 金       60,9億ドル   
              総額102,7億ドル

日本は、計画書も見ずに合意したが、出しすぎじゃないか。

B氏
日本は安全保障をこれからどうして行くのか?
という理念が全く見えない。

日本がどういう脅威に、安全保障を備えていくのかという
理念がなくてアメリカの言われるままに血税を出している
のですね。

A氏
日本の安全保障について、アメリカと同盟を組んでやる方が
良いという人もいるし、僕はもっと自立した方が良いと思う
のです。

そしてアメリカの言うなりではなくて、対等な関係を結んだ
方がいいと思うのだけど、そう言う議論もされないまま

何となく、知らない間に米軍と自衛隊が一体化しているのを
見ると驚くしね。

B氏 
なし崩し的にアメリカに同調してしまうのではないか?

日本は国内でいろんな問題を抱えていますが、こういった
安全保障問題を本当に考えないといけませんね。

いま飛行場に離発着しているF15戦闘機は、ミサイルを
8発積んでいるのです。

空中戦用で空対空なんですよ。嘉手納基地に50機ある
のですが、飛行機でやってきたのをF15戦闘機が撃つ
という空中戦用機ですから

考えると空中戦をするような現状ではないので、何のために
あるのか?

といえば、アフガニスタンだとか、イラク・将来イランへ
のためなどを考えると、米軍が本当に日本の安全のために
あるのかしら ? と思いますね。と。

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月14日 (日)

高知県警告発 「不起訴」になる

9月10日地検から、告訴に対しての捜査が終了しました。(電話で連絡)
通知書は、数日後郵送にて配達されます。

9月11日、直接地検に出向き、不起訴になった理由を聞きました
 内容は、(証拠の価値がない)(主張が認められない)(根拠が明確でない)
このような説明で納得できるわけがない私は、事故解析人の先生が、詳しく説明したいと伝えましたが
その必要はありません。
     
             告訴状の内容
  告訴の趣旨
被告訴人の以下の行為は、刑法104条(証拠隠滅等)に該当すると考えますので、
被告訴人を厳罰に処することを求め告訴します。

  立証資料
① スリップ痕等解析書(日本自動車事故解析研究所所長)
② バス走行実験映像
③ テレビ各局報道(放送ビデオ:DVD)
④ 交通街頭活動中の殉職:受傷事故防止対策の推進強化について(通達文書)

早く言えば、捜査は行われなかったということでしょう。

刑法104条の告訴の時効(事故から3年)
検察審査会(地裁の6F)
裁判記録の閲覧(地検)

早々に、地検を後にし、裁判所6階にに上がり、検察審査会で説明し、相談に乗ってくれました。
不起訴不服のため、審査申立書を受取りまして帰った次第です。

9月12日
地検から、処分通知書が届きましたので文書を記載します。

私の住所
私の名前
     高知地方検察庁
      検察官検事     名前
貴殿から平成20年4月15日付けで告訴のあった次の被疑事件は、
下記のとおり、処分したので通知します。
                 記
1 被疑者    不  詳
2 罪 名    証拠隠滅
3 事件番号   平成20年検第000000号
4 処分年月日  平成20年9月11日
5 処分区分
     起 訴    (不 起 訴)    中 止
                     へ移送
            高知家庭裁判所  へ送致

(注意) 1 事例に応じ、不要の文字を削ること。  
     2 告訴(発)人に郵送して交付するときは、必要に応じ配達証明郵便によること。
     3 記名押印の上、通知すること。

このような書面が9月12日に届きました。
不起訴にした内容(理由)が全く分からない私は、すぐに地検に電話し担当の審議官に
「わかるような書面で、もう一度送ってください」とお願いしました。
通常はこのような内容の書面で送っているとのことのようです。

このような経験から、告訴しても、真剣に捜査してくれない事がわかり、
この国には、信じれる機関があるのか、疑問を感じています。

憲法で人権尊重、とうたわれていますが、私の感じた印象では、人権は無視されています。

告訴される方がいれば、少しは参考になれば、幸いです。

今後は、検察審査会に申し立て、親身になって調べていただきたいと願っています。
どうかよろしくお願い申し上げます。 

「雑草魂」より転載             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グァム移転の真実 10

グァム移転の真実 10      専門家の話

A氏
アメリカの言いなりになっているんじゃないですか?

額賀大臣  いやいや・・・そうじゃない。

だって、アメリカの青年が日本を守るために、いざという時には、血を流そうっていうんですよ。考えてみてくださいよ。

アメリカが、日本の国民を守るという、額賀大臣

O 竹島を韓国籍に移動したことを見ても、アメリカがアメリカの国益で動いているのがわかるのです !!

一方 在日米軍 エドワード・ライス司令官は、こんな見解を打ち出している。

海兵隊の移転によってわれわれの柔軟性が高まり、日本の防衛のみならずアジア太平洋地域の安全に繋がります。

日本にとって移転費用負担は、日本防衛のための良い投資になると考えています。
  
「投資」??…

日本が、もし同程度の能力のある基地を自前で持つならば、移転に負担する費用よりももっと数倍のお金が必要になる。

なぜ今、米軍再編をするのか ?

現在、世界の状況は変化しているため我々は、明日の脅威に備えた体制を作らなければなりません。そこで日米同盟関係も変化する必要があります。

在日米軍再編は、現在アメリカは2001年のテロ以降新しい脅威に備え即座に対応できる基地戦略に転換しているという。

在日米軍問題に詳しい   B 氏

「不安定な国」という言葉を米軍はよく使いますけれどそこに展開するに、より有利な所に基地を置くということが、最優先の米軍の選択肢だと思います。

沖縄の負担軽減のためにグァムということを考え始めたということは順序が逆で、先にグァムをいかに戦略拠点にするかという米軍の戦略からくる話しがあった。

様々な思惑で進められる海兵隊グァム移転

米軍再編ここ嘉手納基地でも、

O訓練移転、自衛隊基地6ヶ所
O日米共同訓練の強化されることが決まっている。

最前線のパイロット第67飛行中隊パイロットJ少佐

自衛隊との共同訓練により日本列島の防衛は向上しますどんな脅威にせよ。われわれは準備が出来ています。

米軍再編を通じてどのように変わっていくのか、日米関係
は今後どのように変わっていくのか。向う先は・・・

ここに象徴的な写真がある。2005年10月米軍と陸上
自衛隊。本物の戦場をイメージして行われた日米共同訓練

その後で米兵が最後に自衛隊員に語ったその言葉
それは、今後の日米関係を物語っているのかもしれない。

                  つづく
「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

グァム移転の真実 9

グァム移転の真実 9

この問題について、米軍に取材を申し込みインタービュー
の許可を得ていた。しかし、その直前・・・

グァム島にあるアメリカの海軍基地の中に、
沖縄の海軍司令部を移転するその担当部署がありますが
昨日になって拒否されました。

突然のキャンセル。理由を尋ねたが答えられないという。

そこで文書で質問をすると、
マスタープランは、現在、準備段階にあり予定地の環境
調査が行われています。2010年1月を目標とする

調査修了の後にマスタープランは、最終的な承認を受け
工事は着手されます。

マスタープランの最終承認 2010年1月以降だという。
費用の根拠は、その時までしないということなのか ?

一見、進んでいないかのように見える移転計画。今年3月
グァムで開かれた、海兵隊移転に係る企業説明会があった。

17カ国 約 1300人もの建設業者が集まる中、

米軍によりネジ1本の太さまで 工事に関する詳細が説明
された !!。

我々日本人の税金が投入されて、進められる計画。海兵隊
のグァム移転日米双方の狙いはどこにあるのだろうか?

日米の思惑
当時、防衛庁長官 最終合意をまとめた

額賀福志郎 元 財務大臣
我々は、沖縄県民の長年の悲願の負担の軽減、基地の返還   
それから海兵隊の移転。これを出来るだけ早期に実現させ

ていただくためには、若干、税金も使わせていただいても
理解を得られるのではないかと・・・

マスタープランなしで概算で進んでいるということですか?

進んでいないですよ。大体こういうくらいの広さの家を
作ればこういう風になるのかなぁ、という形で概算ですよ。

A氏
ヨーロッパの国と比べて、あまりにも日本は米軍への負担
が多すぎる。ちゃんと合理的国民の目線に立って・・・

額賀大臣
思いやり予算も減額していく方向に・・・物事というのは
いきなりバッサリというわけにはいかない。

A氏
あまりにも日本は、主体性を失っているんじゃない
ですか ?

                  つづく

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グアム移転の真実 8

グァム移転の真実 8

長く連なる塀の向こうに見える現在グァムにある米軍住宅
の家並みは、かなり質素に見える。では、なぜ

新たに建てる住宅に巨額の金額を見積もるのか!?

日本の税金が投入されるグァムの建設費用を巡っては、
国会でも問題として取り上げられた。

民主党 藤本祐司議員
いささか高すぎるんじゃないですか。
言い値で払うというのはやはりおかしい。

石破茂 元 防衛大臣
そんな豪華な家を国民の税金を使って提供する必要がある
のかといえば、それはどう考えても高すぎるだろう。

どうして、そんな金になるのか、ということに付いては、
全部調査をします。

防衛庁では、今後さまざまな工作により金額の削減を図る
というが。防衛省 予算減額方針

O一部事業は、投資→回収
O民間企業を効率的に活用

そもそも6100億円もかかる移転費用は、
どういった根拠で決められたのだろう?

約6100億円の根拠

防衛省 米軍再編調整官  丸井 博氏
当時、合意段階における米軍お見積もりでして、
その概算であります。

日米合意の費用は、アメリカの“見積もり”

概算でなされたという防衛省。2年経ったいま、その疑問
を解くカギとなるのが、マスタープラン

在日米軍問題に詳しい
「 ピースデボ 」 代表 梅林 広道氏

機知の変化がある場合に、全体としてどうなるかを示
すのが 「 マスタープラン 」

米軍が新しく基地を建設する際などに

Oどういったモノをつくり
Oどうお金が使われるのか、など、

その建設の元になる基本計画書のこと。
マスタープランに沿って基地の建設計画は進められる。

ところが日米合意から、すでに約2年が経つにも関わらず

費用の根拠を示すマスタープランを公表していない。

                   つづく

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グァム移転の真実 7

グァム移転の真実 7      専門家の話

巨額の根拠
グァムでいま起っていることは? 

数々の疑問を抱いたA氏は、グァムへ飛んだ。
ヘリで、グァムの上空を飛んでいます。

リゾートとして名高い南の島、グァム しかし、
この島にはリゾートとは違う、もう一つの顔がある。

大きな島ではないので、グァム全体が見渡せますが、
沖縄と同様に米軍基地要塞と化している感じがします。

そう、この島は、今もなおイラクで戦争を続ける
アメリカの基地の島なのです。

沖縄の海兵隊の司令部が移ってきて司令部を作る
建設予定地のジャングルです。

この地へ、沖縄海兵隊員 約8000人と
       家 族   約9000人が移転するという。

その移転に掛かる費用は、総額 約1兆2000億円
その内、日本政府は、約6100億円負担するといわれて
います。

いわばアメリカの軍隊が本国へ戻るための移転費用を、
その金をなぜ日本の税金で負担しなければならないのか?

数ある疑問の中で海兵隊の住宅建設費用に注目した。

日 本 側 負 担      約6100億円。
海兵隊・家族住宅建設費用 約2550億円

この費用で、約3500戸の家族住宅を建てる予定だと
いう。つまり単純計算すると、
一戸当たり約7200万円(土地は別)

グァムの一戸建て平均価格 約2000~3000万円台
なぜ 7000万円も? その家とは?

グァムの不動産屋に、7000万円の家とは?
そういう家は、ほとんどないですね。

別の不動産屋では、調べてみましょう、今、グァムでは
229戸の家が売りに出ています。

7000万円~7500万円の家を探すとわずか1戸だけ

その家は、どんな家だろうか?
その家は、西太平洋を一望するグァム随一の名所に建って
いた。兵士が住むような家ではなく、外観も立派な邸宅。

極めて豪華な内装でリビングのほかに4部屋ある広々と
した住宅。食器洗い機まですべて完備されている土地付の

家で、約700万円台。計算上では、この家とほぼ同じ家を
見積もっているのだ !!。こんな家に一兵士が住むのか?

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

スーパーモーニング 片岡晴彦

今日、高知放送8:30分から25分間、スーパーモーニングで、<私は無実> 届かず、
追跡・・高知白バイ事故。     

「二人で見ることも最後になるね」と話しながら見させていただきました。
本当にありがとうございました。

不思議な感覚で、第三者の目線で見ていました。
放送を見るたびに、不可思議な事故で、疑問だらけ?(実況見分)(ブレーキ痕)(裁判官)さまざまな出来事に遭遇し感じた事でした。

放送を見て、色々な方々から、激励の電話を頂き、自分は間違っていない、真実だけを貫き通して行く事を肝に銘じ、再審請求の扉を開かせ、事実関係を明らかにしていく事に私の全てを掛けていきます。

     今後とも、ご支援ご協力よろしくお願い申し上げます。

「雑草魂」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーモーニング  高知白バイ事故放送

あすのテレ朝系報道番組。スパーモーニングで高知白バイ事故が放送されます。放送の時間帯は8:20くらいから(変更の場合アリ)
かなりの時間枠のようです。
高知県の皆さんは見逃さないで下さい滅多に地元高知ではみれませんよ。
地元マスコミとの放送内容の違いを比較してみてください。
高知での放送は・・高知放送です デジタル4ch アナログ8ch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グァム移転の真実 6

日本はこんなに・・・お金持ち !? 

グァム移転の真実 6

アメリカの基地の生活は、中流以上の生活をしていて、一歩、フェンスをはさんだ沖縄県民の暮らしとは、格差がありすぎて。無駄遣いが多いですね。

米軍の経費を、各国と比べると

同盟国が負担する米軍駐留経費  2002年度

日 本    44億1134万ドル
ドイツ    15億6392万ドル
韓 国     8億4311万ドル
イタリア    3億6665万ドル
イギリス    2億3846万ドル

さらに、米兵一人当たりに
日本は、  1293万円(10万6000ドル)
イタリア   341万円(2万8000ドル)
韓 国    266万円(2万1800ドル)
ドイツ    265万円(2万1700ドル)

これも各国に比べて、ダントツに多いのです !!

年間、2000億円を越える、思いやり予算の現実。
働けない老人が多く、こんなに国民が苦しんでいるのに

空き家を捨て置いて、新築を建て続けるこの実態をどう思いますか !?

米軍再編成の 真実

米軍がグァム島へ移転します。
グァム移転のいま・・・安全保障協議委員会 2006年
日本とアメリカが交わした固い握手。

在日米軍の移転が決まった瞬間だった。
沖縄の飛行場を新設した上に、海兵隊の一部をグァムへ移すこと。

日本政府はその移転に掛かる費用の負担に応じた。
またしても、我々の税金  検証 グァム移転

米軍グァム移転費用 約 6100億円 負担

その金額の根拠は何なのか ?
米兵空き家も把握できない日本政府。

                  つづく

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

グァム移転の真実 5

グァム移転の真実 5        B 氏

全国の施設、区域内の米兵家族住宅の戸数と入居状況を
明らかにしていただきたい。

平成20年1月末現在で、入居率は、約8割と米軍から
説明を受けた。

2割も空いているという基地内住宅。それほどの米兵が
本国に帰ったのだろうか。

しかし、我々は米兵の住宅を見つけた !!。

米軍専用住宅地。街の中に突如現れた、アメリカ風住宅が
並ぶ街。しかし、間違いなくここはニッポンなのだ。

庭に並んでいる車は、「 Y 」 が付く車。これは米兵の車

10年ほど前から民間業者によって建てられはじめた。
当然、家賃・光熱費・など日本の税金が使われる。

基地内の住宅は本当に必要だったのか?。
空き家が並んでいるのに、いまだに建設中がある。

防衛省に聞く。
「 どの住宅にどれぐらい空家があるのかは ?」

防衛省
「 現在把握できていません。アメリカを信じている 」
日本に出来ることは、信じることだけなのか ?

確認すら出来ないまま米兵住宅に、5000億円以上の
金を使われてきたのだ。

社民党 山内徳信 議員
これだけ日本政府が建てた米兵用の立派な建物があるから
そこにはいれというのが理屈が合うじゃないですか。

基地なの米兵住宅に住まず、アメリカ住宅を建てさせて
アメリカ街を造っている。

その立派な新築のアメリカ家並みの近くには、
古びた3階建ての町営住宅が建って日本人が住んでいる。

タダの人が立派な家に住んで、

その住宅に税金を出した人が色も変わり、見るからに
古ぼけた市営住宅に暮らしている。

余りにも落差が激しすぎる! これが思いやり予算の実態
なんですね。

豪華な米兵向けの住宅の横にある、
築34年の日本人町営住宅。

この老朽化が進んだ住宅に、現在も多くの日本人が暮ら
しています。

地域の住民は、思いやり予算をこう感じている。

雲泥の差というよりは、米兵のアメリカ住宅と比べると
町営住宅に住んでいる人が惨めになる。

余りにも政府が自国民をバカニしている。
思いやりとは、誰への思いやりかと !。

                  つづく
「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

金に目がくらんで

金に目がくらんで小学校を廃止してはいけない

廃れてゆく高知のお町のありようをどうするのか、今こそ議論が必要に思われます。
学校給食の民間委託と、小学校の統廃合が高知市のど真ん中で浮かび上がってきているのです。
先週、過労からでしょう推進の立役者の高知市教育長が急逝されて一挙に混迷を深めてきています。

私は、生業が医療ですから学校給食に似ている病院食の委託からまず考えてみます。現在、民間病院内の請負も一定進んでいますが、患者食の請負化評価は様々です。食事がまずくなったとか、業者側栄養士との意思疎通が利かない、いや労務の苦渋から逃れられてほっとしているなど、功罪を問う議論が有ります。
私も幾つか、導入現場を覗きましたが単なる経費節減でしたら、余り期待は持てそうないのです。

いや、質を問わなければ低減そのものは出来ます。
学校食も病院食に医療としての観点があるように、教育的な問題が加味されると思いますので、やみくもにすすめるとコストだけの話になるのは目に見えています。

次に小学校の廃校と統合は、否応無く私たちが取り組んでいる新堀川道路化問題にもなっていきます。
工事の一定の進展に関わらず、『新堀川』問題は、周辺問題として解決は見えてきていません。

高知市教育委員会は廃校に抵抗をされてかなりあせっています。
そのいい例が新しい統合校名を拙速に決めるという施策です。説得無しに既成事実化作りが先行しているいい例です。
だいたい、今迄校区民の意見を聞くのも、本質論を外れた脇の小課題、「蘇鉄の移植をどこにしたらいいかとか」どうでもいいことでお茶を濁しています。こんなこと、どう答えても廃校に賛成という結論しか導かない設定ではありませんか。
こんな愚民視のテクニックは、新堀川での工事の進め方とまったく一緒です。

中心商店街の活性化のための廃校はそもそも論として成り立つのか、それが煮詰まっていないままの気まぐれな廃校への追い込みが反感を買っているのです。商栄えて学滅ぶでいいのか、その商売が小学校を追いやって本当に栄えるのか。はたして地域の喪失が商店街の繁栄につながるのでしょうか。

そもそも、勝手に独立法人の高知大を移転さす、大丸を移転さすなどを前程に始まった「廃校」です。
そんな思いつきはとっくに泡粒です。
跡地を県市統合図書館にして親が買い物をしている間、子供を預かる案だってそうです。
子供図書館なら、近くの永国寺町にNPOの運営するこども図書館がすでにあります。そもそも県と市の両図書館での貸し出しは何冊だと知ってていっているのでしょうか。
毎日の貸し出しは日に何十冊と現実は驚くほど少ない貸し出し数で、移転でどんな利用増があるのでしょうか。

エリア全部を使った巨大商業施設も8月に土電跡地利用が一旦空白になったご時勢においそれとは来ないでしょう。
何を期待し、他人のふんどしで商売をしようとしているのか、イメージがわかないのです。
ここは文教地区に隣接した中心商店街として生き残りを図るべきだと私は思います。

私の案は、商店主が帯屋町に住み校区の住民となることです。それにより、お互いが売ったり買ったりする関係性を取り戻し、従業員を帰した後も開店できる時間的なユトリを保つことが出来ます。
他人に買いに来いと言っても、自分がその商圏から遠ざかっていてはなんともならないではありませんか。
20年ほど前でしょうか、街の医院から大病院へ患者が流れ出るのを憂えた医師が、他の開業医から「自らの娘は大病院でお産をしているじゃないか」と指摘されている現場に行き合いました。大切なのは言行一致で、新堀にお住まいの方が唱える「知行合一」です。
近森病院の事務長さんの高知新聞に書いた案、追手前小学校に老人施設を併設してお互いに見合わせたらどうかというのが有りましたが、それは名案に思えました。年寄りと子供は相性がいいからです。
案は色々あっていいと思いますが、隣の小さなヒロメ市場が繁盛しているとき、余り大きなものに目を奪われるのもどうか、実力と相談と私は思うのでした。

最後に、追手前小学校は祖母が教諭だったり、父が学んだ学校として私も愛着を持っています。

          げしたかゆき
     http://white.ap.teacup.com/shinbori/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原潜国内寄港 米データ提供応じず

9月6日のながさきニュース
長崎新聞

米、データ提供応じず 1964年、原潜国内寄港で新資料


1964年の米原潜寄港受け入れに関する交渉経過を記した米解禁文書の一部
 日本政府が米原子力潜水艦の国内寄港受け入れを決めた一九六四年当時、米政府との受け入れ交渉で、寄港原潜の安全性を独自に確認できるよう日本が米にデータ提出などを求めたにもかかわらず、米が軍事機密を盾に応じなかったやりとりを示す文書が、米国立公文書館所蔵の解禁文書で明らかになった。

 先月初め、米原潜ヒューストンの佐世保港などでの放射能漏れが発覚。その後米が公表した最終報告も原潜の安全性を強調する一方、放射能漏れの詳しい状況や詳細なデータは明らかにしていない。文書調査に当たった東京の核問題研究家、新原昭治さん(77)は「(原潜寄港受け入れの)出発点において安全確保の仕組みがつくられていなかったことが根本的な問題」と指摘している。

 文書は六三年一月に米が正式に原潜寄港を日本に申し入れた後の受け入れ交渉について、同年二月から六四年十一月までに在日米大使館と本国との間で交わされた電報など。新原さんは九九年ごろ、六三年分を中心に解禁された七十五点を入手。今回の放射能漏れ発覚を受け、詳しく調べた。

 それによると、日本は当初から▽原潜の安全性を検討できるデータの提供▽一次冷却水の領海内排出の禁止-を米に要望。米は「データは機密扱い」とし、冷却水についても「環境に影響は及ぼさない」として放出自体はあり得るとの立場を崩さなかった。

 日本は交渉で「これまでの説明は原潜の安全性をめぐる国民の理解にとっては不十分」と再三要望。これに対し米が「われわれが提供し得ない情報に対する繰り返しの催促は、原潜問題をめぐる最も腹立たしい点」と不快感をうかがわせた記述もある。

 日本政府は六四年八月、「安全性に確信を得た」として寄港同意を発表。同十一月、佐世保にシードラゴンが初めて国内寄港する。

 一連の交渉で日本が要望を取り下げた記述などは見つかっていないが、新原さんは「その後の経過から日本が自主的な安全性の審査をしていないことは明らか。米が、やらないよう日本政府に強力に迫った結果、政府は放棄してしまった」とする。



*****

米政府は、都合の悪い情報は出さない。

日本政府は、いつのときも情報がないことを、「そのような事実はない」ということに摩り替えて、国民に宣伝してきたのである。

政府は、アメリカに加担するのでなく、自らが調査、検証、情報の収集に努めるべきではないか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

グァム移転の真実 4

グァム移転の真実 4        専門家の話

1970年代、アメリカは経済的な危機を迎えていた。
長引くベトナム戦争・追い討ちをかける急激な円高。

アメリカにとって在米兵士の維持費用が大きな負担になってくる。

円高・ドル安で困っている。何とかしてもらいたい。
と在日米軍指令官の発言で

1960年1月 日米安全保障条約成立。

そもそも日本とアメリカの間には、在日米軍について協定が交わされていた。

日米地位協定 24条 
施設・区域・路線権の提供。土地提供者への保障。
日本側は土地代などを負担する。

それ以外の全ての経費は、アメリカ側が負担する。
というもの。

地位協定に決められた原則とアメリカ側の要望に、日本の安全を守ってくれる在日米軍に、思いやりの気持ちを持とうじゃないですか。

金丸氏の言う、思いやりは、血税 62億円という形でアメリカへと渡された。

特例として、一時負担して支払ったはずの金が、米軍の家族住宅にまで及び、62億円が増えに増え続けて2173億円にもなっている。

大学教授    A 氏
日本は、何処まで金を払えばいいのか。
どういうふうにアメリカに貢献をしてほしいのか。

日本の防衛について基本的な考え方がないからそうなるんですね。

アメリカとの関係を維持することが目的となっていて、なぜ維持するのか、どの程度、維持すればよいのか、どの程度のお金を投入すればよいのか、ということがまったく議論を欠いたままです。

さまざまな問題を抱えた「思いやり予算」

新たな問題が・・・使われていない、8000万円もかけた思いやり住宅

基地の中には、巨額をつぎ込んで米兵住宅が建てられた。
今、その住宅が空き家になっているのです !!

                   つづく

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政権投げ出し 小倉文三 JANJAN

福田首相の政権投げ出しは、まるでチェーホフ『小役人の死』

http://www.news.janjan.jp/government/0809/0809036198/1.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

スリップ痕つかず 田中龍作 JANJAN

http://www.news.janjan.jp/living/0809/0809036175/1.php

高知白バイ事件の走行実験を、神奈川で行いました。やはり、スリップ痕はつかず、現場に立ち会った田中龍作記者が、やはり冤罪事件かとJANJANに記事を載せています。

図説入りで、たいへん分かりやすく説明されています。ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

グァム移転の真実 3

グァム移転の真実 3

実は、米軍基地従業員の内、2割が娯楽施設などで働いている、その給与は、日本の税金から支払われているのだ。

基地で働いていた女性・・・お給料はすごい良かったです。
やっぱりアメリカは裕福というか、環境も良かったしましてや年休もすごくあったし自分が取りたいときに本当に休みが取れた。

基地の中で、携帯電話の取り扱いをしていたという、この女性が21歳のとき、月給は25万円。
そしてその給料にはある手当てがついていた。それは、語学手当て。米軍基地の労働者には、英語の能力に応じた、「 語学手当て 」 が
支払われていた。

それは日本人だけではなかった !! 

米軍の家族や外人にも語学手当てが出ています。
みんなが言っていました。

あいつら外人なのに、なんで語学手当てを貰ているんだよ !! 

何と、英語を話すアメリカ人にも語学手当てを出して
いた のだ!! 防衛省に事実か、問い合わせた。

すると、アメリカ人に対しても語学手当てが存在した。

建設費から人件費まで、米軍への 「 思いやり 」
その原点は30年前のある決断。

1978年6月 アメリカ・ワシントンで(米国防総省)
米兵の盛大な歓迎を受ける一人の日本人がいた。

当時の福田内閣・元防衛庁長官 金丸 信 彼の一言で「 思いやり予算 」 の歴史は始まった。

                  つづく

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

グァム移転の真実 2

グァム移転の真実 2      専門家の話

社民党
光熱費だけで、一年間253億円(2007年度)

こんな指摘が・・・光熱費に関してアメリカに帰るときにクーラーまで付けっぱなしで帰ると聞きました。

光熱費の無駄遣い等についてはいかが考えですか?  

自民党 高村外務大臣
無駄遣いは悪いに決まっています。

アメリカ側から同盟のコストをもっと日本は持つべきじゃないかという強い要請がある中で、いろいろ話しあってここに落ち着いたということはご理解を頂きたい。

さまざまな問題が浮上する 「 思いやり予算 」

その核心に迫るある資料を防衛省から入手 !!。

ケーキでコレーターに、バーテンダー、マッサージ師、キッチンワーカー昆虫学職などもある。

思いやりという名の下に使われる我々の税金の実態が暴かれた。そこで目に付いたのが数多くの従業員の姿。

全国の米軍基地で働く外国人・日本人(2008年1月)
2万4547人。彼らを雇っているのは米軍だが、給与を支払っているのは日本。
つまり、人件費も税金から出されているのだ。

1458億円。思いやり予算の3分の1を占めている。

ケーキでコレーター・バーテンダなど、基地に必要なイメージとはほど遠い職業の数々。

動物の世話係なんていうものや昆虫学職なんていうのもあります。

彼らの給料は、

案内・受付で月収約30万円
会計職で      約45万円
大型車の運転手、約34万円
昆虫職       約54万円の月収を得ていた。

資料を見ていて、あることに気がついた。ゴルフ場とかボーリングとか、娯楽施設の関係者が結構多い。

さらには、スロットマシンの修理工まで !!

                   つづく

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

グァム移転の真実 1

グァム移転の真実 1     A氏が基地内部へ

米軍再編
嘉手納基地では、F15戦闘機が、戦闘を想定した訓練を
行っていた。この基地にかかる費用の多くを日本側が負担
している。

それは 「 思いやり 」 という名の国民にとっての大きな
負担だった。

映画館の建設から、米兵の引越し代から、電気代まで・・・
米軍の兵士が住んでいる嘉手納基地。

基地の中には、生活を支える様々な施設がある。

「 カミサリー 」 という食料品を売っている
スーパーマーケットがある。

山積みにされた色とりどりの野菜・巨大なドリンクボトル
値札は勿論ドル。基地の中には日用品を売るマーケットや

フードコート・映画館・まで。アメリカ軍関係者が使う
施設。建設費の多くは日本の税金 「 思いやりや予算 」

在日米軍の駐留にかかわるさまざまな費用を日本側が
負担する。その額、去年は、2173億円

1978年からはじまったこの制度 「 思いやり 」
これまで作られた施設は

横須賀停泊施設    64億円
岩国新滑走路   2400億円
嘉手納基地 学校など 16億円
ジムなど運動施設   13億円 などに税金が使われた。

軍関係者が住む住宅の道以外の住宅の囲は、青々と芝生が
敷き詰められ典型的なアメリカのライフスタイルなのです。

子族住宅の建設費用は、5000億円以上税金が使われた。

例えば、神奈川県の池子に作られた米兵向けの家族住宅、
一軒当たり、約8000万円にもなる家。

そして基地の中で使われる光熱費まで無料。

だからアメリカへ帰る時もクーラーも付けっ放しで帰る
という。
                  つづく

「思いつくままにマミ」より転載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »