« 国民生活の救済 天木直人 | トップページ | キューバ紀行 その15  »

2008年7月26日 (土)

映画「闇の子供たち」

これは小説が原作ですけれど、ほとんどが事実に基づいています。へたなホラ
ー映画よりも恐ろしい映画です。タイを舞台に繰り広げられる人身売買、幼児売
春、そして臓器売買を描いています。これには日本が深く関わっています。
 
 「闇の子供たち-値札のついた命」
 http://www.yami-kodomo.jp/
 阪本順治監督
 
 8月2日より全国順次上映。
 
 「夜を賭けて」・「血と骨」などを著した梁石日の原作を映画化したものです
  
 タイや隣国のビルマ、ラオス、カンボジアなどの農村から多くの少年少女たち
が首都バンコクに連れられていきます。借金返済などで「売られ」たり、大金が
稼げると甘言を吹き込まれた子どもたちです。子どもたちは売春宿に押し込めら
れ、毎日男女問わず客の相手をさせられます。肉体的、精神的に一生治らない傷
を負わされます。客はタイ人だけでなく、日本人や欧米人などの幼児性愛者たち
です。子供にしか性的興味を抱かない連中です。客の暴力で死んだり、エイズや
梅毒に感染させられる子供がいます。エイズにかかった子供は本当にゴミのよう
に捨てられます。そして、最後は心臓や腎臓、肝臓、目などの臓器を抜き取られ
ます。
 
 その事実を知った日本人の新聞記者、NGO職員、フリーカメラマンの3人が
子どもたちを救出しようと立ち上がりますが、しかし、あまりにも過酷な現実に
救出は進みません。さらに、ある日本人が臓器売買と知りながら、息子を救うた
めにと移植手術を受けさせようとします。
 
 「もしもし、日本人が新鮮な臓器を求めている。元気な奴を選んでくれ」
 

 江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡ら日本のトップスターたちが、この悲惨な現
実を伝えるためにと参加した映画です。

|

« 国民生活の救済 天木直人 | トップページ | キューバ紀行 その15  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/22557228

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「闇の子供たち」:

« 国民生活の救済 天木直人 | トップページ | キューバ紀行 その15  »