« 長沼ナイキ訴訟元判事 天木直人 | トップページ | ふたたび 福島重雄元裁判長 天木直人 »

2008年5月 4日 (日)

「靖国」上映を求める声明

映画「靖国 YASUKUNI」の本県上映を求める声明

ドキュメンタリー映画「靖国」の上映が、本県も含めて相次いで中止となる極めて遺憾な状況が生じています。
上映を予定した映画館が、右翼団体の街宣活動などを受けて上映を中止したわけですが、見逃してならないのは自民党議員の動きであると考えます。「政治的に中立でない。監督の経歴は、過去の作品は」などと文化庁、配給会社に圧力をかけ、また、国会質問で文化庁の助成金返還を求めています。
私たちは、日教組の教育研究全国集会会場貸し出しを拒否したプリンスホテルの問題や自衛隊宿舎への反戦ビラ配布に対する有罪判決もあわせて、現在このような流れに、きわめて危険なものを感じます。
表現の自由、そしてそれを視聴する国民の自由は、憲法で保障された権利として守り、守られるべきものであって、政治的圧力や暴力で言論を封殺することは許されません。
私たちは、今後、「靖国」の高知県上映を実現するために、様々な方々と協力していくことを表明します。

2008年5月2日
「靖国を高知で見る会」
呼びかけ人 山崎秀一(高知県平和運動センター議長)他10名

*趣旨に賛同し、個人の立場で呼びかけ人になっていただける方、連絡を!

|

« 長沼ナイキ訴訟元判事 天木直人 | トップページ | ふたたび 福島重雄元裁判長 天木直人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/20755770

この記事へのトラックバック一覧です: 「靖国」上映を求める声明:

« 長沼ナイキ訴訟元判事 天木直人 | トップページ | ふたたび 福島重雄元裁判長 天木直人 »