« 甘利経産相の4つのウソ  JANJAN | トップページ | キューバ紀行 その7 »

2008年4月 4日 (金)

イラク現地は今 西谷文和

イラク戦争から5年!現地は今-映像報告

イラク取材から3月下旬帰国したフリージャーナリスト西谷文和(大阪在住)さんによる
現地の生々しい映像を報告いたします。

と き   2008年 4月20日(日曜日) 午後 2時から5時まで
ところ   広島市平和公園内 平和記念資料館 研修室
資料代・カンパ   500円
              
プログラム)
講師    西谷文和(イラクの子どもを救う会代表)

*イラク戦争から5年! 今イラクに必要なものは、の問いに西谷さんは現地からメール
で何か一つ上げるとすればそれは<電気>と答えています。
 この夏,避難キャンプでは気温が50度にもなる。電気がなければ扇風機が回りません。
 子供が脱水状態で死ぬのではと心配している。
 イラクの子どもを救う会として「発電機と扇風機」を贈ろうと呼びかけています。
 人口2500万人のイラクから,家を追われ逃げ出した難民は数百万人に上るといわれ、
その中には毒ガス,劣化ウラン弾による被爆者の被害者が多数います。
 しかしながら、このような実態の公的機関の報道は今日ほとんどありません。
 現地の人々はヒロシマに特別の想いをもって交流と支援を望んでいます。
 イラクに和平を!子供たちを救おう! ウラン兵器廃絶を!

 映像でイラクの今を伝えます。 報道されなかったイラク戦争の実態を告発!
 北イラク取材 キルクーク油田取材 アメリカ石油資源の争奪 民営化代理戦争の本質
が見え隠れする実態をくまなく報告します。
 ヒロシマ・ナガサキから劣化ウラン弾禁止の声を世界へ!
 米軍・自衛隊の完全撤退を!

西谷文和 講師紹介 1960年京都市生まれ 大阪市立大学経済学部卒
                      吹田市役所勤務
          2004年退職後 フリージャーナリストとしてイラク・アフガン
                   を取材
          2006年 平和共同ジャーナリスト基金大賞を受賞 
                 著/報道されなかったイラク戦争
             イラクの子どもを救う会代表 http://www.nowiraq.com/

主 催  イラク現地報告/西谷文和講演広島実行委員会
賛同団体 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会 NODUヒロシマプロジェクト
     許すな憲法改悪市民連絡会 イラク平和テレビ局inJAPAN
     岡本非暴力平和研究所 スクラムユニオンひろしま
     グローバリゼーションを問う広島ネットワーク
     東北アジア情報センター

事務局 ひろしま市民活動ネットワーク気付 広島アジア友好学院 
広島中区大手町1丁目3-51 09013376174 (山田)

|

« 甘利経産相の4つのウソ  JANJAN | トップページ | キューバ紀行 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212229/12277072

この記事へのトラックバック一覧です: イラク現地は今 西谷文和:

« 甘利経産相の4つのウソ  JANJAN | トップページ | キューバ紀行 その7 »